失敗しない結婚指輪の渡し方!

一度きりのシーンだから落ち着き平常心を保ちましょう

人生の晴れ舞台といえば結婚式です。大勢の招待客、家族に見守られながら祝福される輝かしい1日で新郎新婦はまさに物語の主人公になった気分になるはずです。嬉しくもあり、照れくさくもある結婚式ですが緊張してしまい思わぬハプニングに見舞われてしまう場合もあります。たった一度しかない瞬間を失敗することがないように、落ち着きながらゆったりした気持ちを持って式に集中してください。
ベールの上げ方、グローブの外し方など指輪交換には細かな動作が必要になってきます。シャッターチャンスでもある指輪交換のシーンで失敗しないように深呼吸しながら、お互いの息を合わせることがキーポイントになってきます。緊張し過ぎないで楽しむ気持ちを大切にしてください。

結婚指輪は永遠の愛を誓う証

指輪交換はキリスト教の教会式だけの儀式でしたが、最近では人前式、仏前式を問わず指輪交換をするところがあります。
お互いがお互いを永遠に愛するという証拠になる結婚指輪は、まさに二人の財産になります。挙式で指輪交換を失敗しないようにするには再度指輪のサイズを確認することや、リングピローの使用がポイントになります。
まずサイズ確認は基本中の基本です。浮腫みやすい時間帯であれば多少きつくなるかもしれませんが、指輪自体が入らないと意味がありません。新郎新婦の二人のサイズを確認して焦ることのないように指輪交換に集中してください。
また、リングピローは指輪ケースとは違いクッションに指輪を寝かせる形で置くタイプなので取りやすいメリットがあります。リングピローを手作りする方も多いので思い出の品として作ってみるのも良いかもしれません。