なかなか決まらない!ウエディングドレスの選び方

まずはウエディングドレスの種類を確認しよう

女性憧れのウエディングドレス。一生に一度のものだから、自分に合ったものを選びたいですね。まずはウエディングドレスの種類を知り、ドレスのイメージを決めましょう。
全体のシルエットデザインには、Aライン、プリンセスライン、マーメイドライン、スレンダーライン、エンパイアラインがあります。AラインはアルファベッドのAのように、ウエスト部分から裾にかけて直線的にスカートが広がります。ウエスト位置が高いので足が長く見えるのが特徴です。プリンセスラインは腰から下のスカートがふんわりと広がるタイプで、体型を選ばず誰にでも似合います。マーメイドラインは上半身~腰~膝までフィットし、膝から下がギャザーやフレアで広がるタイプなので、背が高く体型が体のラインをみせたい人におすすめです。スレンダーラインも同様、全体のシルエットが細くストレートなので、背の高い人に似合います。エンパイアラインはマタニティドレスとしても着用できる、締め付けの少ないデザインです。

ネック・袖・装飾で個性を出そう

どれも素敵でなかなかドレスが決められない!というときは、自分の体型に合わせてネックや袖のデザインを決めてみてはいかがでしょうか。
肩のストラップがなく首から手までを露出するビスチェタイプは、バストを強調しアクセサリーが映えます。一般的に選ばれることの多いタイプですね。バストに自信がないけど着てみたい…という方は、胸元の装飾が大きいものを選ぶと、カバーできますよ。
肩幅が気になる場合はオフショルダーを選びましょう。鎖骨がきれいに見えて、華奢な印象になります。また首から肩を大きく露出するアメリカンスリーブでも、首を長く見せていかり肩をカバーできます。
上半身を全体的にカバーしたいときには、長袖のドレスもあります。もしお店に置いていない場合でも、レースのボレロなどで代用できることがあるので、相談してみましょう。
個性を出すなら装飾です。装飾の少ないタイプは大人っぽい雰囲気になります。フォトウエディングをするなら、逆にコサージュなどの装飾が多くあるほうが写真がきれいに見えるのでおすすめですよ!ドレス選びは普段の自分とは違う雰囲気にすると、男の人もぐっとくるみたい。ぜひ試してみてください。