和にする?洋にする?挙式スタイルの違いについて

厳かな雰囲気や格式を重視するなら和式の挙式に

結婚式では白無垢や十二単、袴姿も日本人らしく奥ゆかしい魅力があるものです。神社などでの和風の結婚式の特徴として、そうした和服に身を包むことができるという点がまず挙げられます。
また厳かな空間にて、昔ながらの儀式を大切にしながら挙式が行われます。格式を大切にする家系の場合にも、和風の式が向いていると言えるでしょう。親族にご年配の人が多い場合なども、神前式という形は喜ばれるようです。
また神社での式の場合は、あまりたくさんのゲストを呼ぶことはできません。特に親しい身内だけの少人数での挙式などに、適しているといえるでしょう。
結婚式が挙げられる神社は境内の景色や花などが美しい所も多く、和の背景をバックに記念撮影ができるのも大きな魅力ですね。

洋式の挙式で憧れのウエディングドレスを

女性なら誰もが憧れるウエディングドレス。ウエディングドレスを着たいのであれば、やはりチャペルなどでの洋風の挙式がおすすめです。
洋風の結婚式は、チャペル以外にもレストランやホテルなどでも多数行われており、キャンドルサービスやオリジナルケーキ、ブーケトスなどのイベントも人気があります。
華やかで個性溢れる雰囲気も、洋風の挙式の魅力といえるでしょう。
名コックがいるフレンチやイタリアンなどのレストランでのウエディングパーティーも、美味しい洋食にゲストも満足できて喜んでもらうことができます。
またゲスト人数が多い場合でも、洋式の結婚式であれば盛大な挙式ができる広いスペースの式場もたくさんあって便利ですね。
自分たちに合う式場を見つけられると何よりでしょう。